革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

老眼治療、伝導性角膜形成術のメリット・デメリット

ビル

伝導性角膜形成術(老眼治療CK)のメリットは、裸眼で新聞やパソコン、携帯電話などの近くの文字が見え、読書ができることがあります。
また、裸眼での日常生活はもちろん、スポーツや趣味を楽しむことができるようになります。
手術時間は約3分で、点眼麻酔を行なうので手術中の痛みも感じないことがあります。
逆に、この老眼治療のデメリットは、老眼は年齢とともに進行するので、手術を受けても再び近くのものが見えなくなってしまう可能性があることです。
また、この手術は認可されてから日が浅いため、日本ではまだまだ認定されているクリニックや眼科が多くはありません。
それに、この手術は自由診療のため健康保険適用外で高額な治療医がかかってしまいます。

none

関連情報

老眼の治療の方法

老眼とは、加齢により水晶体の弾性が失われて調整力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることができなくな

「老眼 治療」したいです

 私は高校生の時から近眼でした。
みるみるうちに視力が悪くなってメガネやコンタクトレンズをせず

老眼はレーシックで治療できます

老眼とは、年齢と共に瞳の中の水晶体の弾力性が失われ、目の調節機能が低下して近くの物が見えにくくなる現

老眼治療CKの内容

老眼治療CK(伝導性角膜形成術)を受けるためにはまず、適応検査で問題ないと診断されなければなりません